HWID Spoofer とは? ハードウェアBAN の基本対策をご紹介
Check

公式ディスコードに参加!

\ 4,000 人が参加中 /

Spoofer とは?

Spoofer とは、PC のシリアルナンバーを変更するソフトウェアの総称です。

略して Spf と表記する場合もあります。

ゲームでは、主に ハードウェアBAN (HWID BAN) を回避するために使用されます。

ハードウェアBAN とは、従来のアカウントを識別してBANする手法とは異なり、PC自体を識別してBANする方法です。

ハードウェアBAN の具体的な仕様については 下記のページでまとめています。

どんなタイミングで使用しますか?

ハードウェアBAN された後、もしくは ハードウェアBAN される前 です。

なぜ ハードウェアBAN される前に必要なの?

実は、ハードウェアBANは一度されてしまうと非常に厄介で、 Spooferを使用しないと2度とプレイできないようになってしまいます。

不正なツール使用を引退しても、真っ当なプレイヤーとして再スタートすることができません。

そこで、ハードウェアBAN される前に Spoofer を使用しておくことで、Spoofer 使用前の本物のシリアルナンバーを隠すことができます。

本物のシリアルナンバーを隠し続けることで、不正行為中のハードウェアBAN を回避することが可能です。

また、費用面でも問題となるのが、本物のシリアルナンバーが ハードウェアBANされてしまうと一生 Spoofer が必要となりコストが嵩みます。

チートツールを使う時だけ Spoofer を使用することで、いつでも真っ当なプレイヤーに戻ることができます。

ハードウェアBAN されたら、もちろん Spoofer が必要

本物のシリアルナンバーが ハードウェアBAN されている状態です。

この状態では、ゲームプレイに Spoofer が必須となります。

無料や怪しい Spoofer はどうなの?

この Spoofer ソフトにも 無料なものがありますが、それらの大半はゲーム側で対策されています。

対策済みの Spooferを利用すると、ゲームではもちろんBANされますし、無料ツールには ウイルスやマルウェアがセットになっている可能性が高いです。

また、機能していない粗悪品 Spoofer が高額で販売されている事例も確認されています。

そういった事態を防ぐために、以下で紹介するような実績があり 機能している Spoofer を利用する必要があります。

Spoofer の種類

Spooferには 「Temp」と「Perm」という2つの種類が存在します。

主にシリアルナンバー変更の持続の仕方に違いがあります。

Temp Spoofer (一時的)

PCを再起動するとシリアルが戻ります。

こちらは対象のゲームを起動する前に毎回Spooferを実行する必要があります。

Perm Spoofer (永久的)

PCを再起動してもシリアル変更が永久に維持されます。

ゲーム起動毎に実行する必要はありません。

どちらがいいの?

一概にTemp と Perm のどちらがいいとは言えないですが、特定のゲームをプレイするときだけ シリアルを変更したい方は Tempがおすすめで、

毎回 Spooferを起動するのが面倒な方には Permが最適と言えます。

また、 Perm Spoofer 特有のデメリットとして、一部のチートと相性が悪くなり、使えなくなる可能性があります。

このため 原則 APEXでは、 temp タイプを選び、 Valorant では Perm タイプを選んでいただくというのがおすすめです。

おすすめ Spoofer

CFF  Temp

おすすめ

使い方も簡単で、相性や環境による機能不全がほとんどなく、数年未検知で安定的です。

Apexなら非常におすすめな安定性のある製品で、導入も非常に簡単です。

APEXなら現在これ一択というおすすめの製品です!

UN   Temp

様々なゲームに対応しており、安価で、 day トライアルキーもあるので、お手軽に試すことができます。

Sphinx  Temp

Windowsのインストール日を追跡する最新のBAN手法に対応している Spoofer です。

クリーナが非常に高機能で、APEX ゲームの再インストールや、Windows の再インストールが不要になっています。

効率的で時間短縮したい方向けとなります。

Fatal Spoofer  Perm

おすすめ

Valorant の最新トレース対応 で、 APEX や Fortnite でも安定感のある Perm Spoofer です。

現在 Perm Spoofer ならこちらがおすすめです。

まとめ

Spoofer の概要、注意点についてまとめていきました。

まとめると以下のようになります。

おすすめの記事